読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刻む1センテンス

日々の隙間を埋めるもの

今日ふと思った、ボクが京都を好きな理由

皆さんこんにちは。なんだかんだ年に2、3回京都に行ってる気がする京都大好きなボクです。

昨日実家の犬の散歩をしてるときにふと、京都を好きな理由はこんなことかもと思う瞬間があったんで備忘録として書き残しておこうと思う。

まずは実家の近所の写真です。

f:id:onesentence:20170506021549j:plain

うーん、空が広いぞ。あと無駄に天気いいな。写真を見てわかる通りボクの実家は結構田舎です。夏は蛙の声を子守唄に寝るようなところ。めちゃめちゃうるさいけど慣れるとスヤスヤ眠れちゃう不思議。雨音とかと同じホワイトノイズの類かね。遠くにトラクター見えるしもうじき田植えの時期です。べつにうちは田んぼ持ってないけど。

 

f:id:onesentence:20170506021558j:plain

犬の散歩しててここの道を曲がるとき「見通しいいよなー」と今更なことを思いました。ちなみにこれだけ見通しがよくてもたまに事故が起きる。お互い相手が止まるだろうと思って突っ込むアホの極み。国民的アニメのドラえもんサザエさんとかの街の様子はたくさん家が並んでいて塀が続いてるのが普通だし、同じ静岡のちびまる子ちゃんでさえもっと家は建ってるのにこの辺はホント何も無いなぁとか思ってたらそのとき「あ、これか」と。

 

ボクは京都の街中の路地とかがとても好きで行くたびに名が知れているわけでもない路地でもあれこれ写真を撮ってます。

f:id:onesentence:20170506022312j:plain

こんなやつ。

雑志やいろんな記事で京都に限らず街角スナップみたいなのを見てるとどこの街もわりと路地があって古い町家みたいなのが並んでる絵が出てくるんだけどボクの育った周りにはほとんど無い。

f:id:onesentence:20170506021607j:plain

こういう「どこまでも続く真っ直ぐな道」てタイトルがしっくりくるようなところばかりです。これじゃ食パンくわえた女の子と角でぶつかるなんて絶対ないし。なぜなら丸見えだから。その結果、無いものに憧れて京都に代表される路地が好きなオジサンになったのかなぁとフラフラ犬の散歩しながら考えてた。

散歩してるときは結構本気でそう思ってたんだけど、家に帰って写真見返してたらその理由じゃビルが立ち並ぶ都会も好きになるのでは?とか考えちゃって別にビル群はそうでもないし結局理由なんてないのかもっていう着地。お寺とか神社も好きだし鴨川も高瀬川も好きだし比叡山の山稜も好きだし全部好き。よく言われる陰湿な感じの京都人にあんまり会ったことないってのも大きいのかも。京都の友達って山科とか宇治のヤツだし。

自分が好きなもの、嫌いなものの理由って自分でもよくわかってないもんだな。

理由はどうあれ、京都大好きです。また住みたい。